会社設立方法・電子定款認証・日本政策金融公庫融資を得意とする徳島の西野行政書士事務所。四国地域(愛媛・徳島・香川・高知)一円サポート

HOME » 会社設立支援TOPICS » これから会社を設立される人のための新会社法

これから会社を設立される人のための新会社法

2006 年より新会社法が施行され、これから設立する会社には全て新会社法が適用されることになりました。新会社法で改正された点は多いのですが一言でいえば会社設立の敷居が低くなりました。

ただ会社設立までの様々な書類の作成および手続きなどをしなければならない点には変わりがありません。

以下で何がどう変わったのか主なポイントを示しておきます。

資本金額の撤廃

今までの会社法では資本金の最低額が株式会社で 1000 万円、有限会社で 300 万円とされていたのが新会社法では撤廃され、資本金は 1 円からでも設立が可能となりました。

ただ現実的には会社の対外的信用や金融機関からの融資審査などを考慮しても資本金の額はなるべく多いに越したことはないでしょう。

有限会社の廃止

これから有限会社を設立することができなくなりました。これまで有限会社は比較的小規模で設立しやすかったのがメリットでしたが前述のように株式会社の資本金最低額が撤廃され設立しやすくなったのである意味当然の結果でしょう。

なお、従来の有限会社はこれまで通り存続でき、また株式会社への変更も可能となりました。

LLC(合同会社)という新たな会社形態が加わる

新会社法により新たに合同会社と(LLC)という会社制度ができました。

このLLCの大きな特徴として意思決定(議決の方法など)や利益配分が自由に決められる事です。

この点株式会社では株式を多く所有している人が議決権をもち、利益の配分についても出資額(株式の保有数)によって決定されます。

LLCは出資額にかかわらず技術・能力・ノウハウ等がある人に多く利益および意思決定権を配分することができるので人材重視の会社形態といえます。

LLC設立手続き・費用

基本的に株式会社と同じですが定款の認証手数料が不要なので費用が軽減されています。また登録免許税も株式会社は 15 万円なのに対し合同会社は 6 万円なのでトータルの法定費用は 10 万円と株式会社より 14 万円ほど安く設立でき、かなりリーズナブルです。ちなみに合同会社という名称ですが一人でも設立可能です。

四国地域(徳島、愛媛、香川、高知)での株式会社・合同会社・NPO法人設立、資金調達ならお任せ下さい。

開業時の資金調達と会社設立をセットでサポートいたします。

起業・会社設立・資金調達相談無料。一人で悩まずまずはご相談下さい。全国対応!

お問い合わせはこちら

西野行政書士事務所
代表 行政書士 西野 修作
日本行政書士会連合会登録番号 第06371892号
〒770-8052 徳島県徳島市沖浜1丁目45番地5
TEL:088-635-5852
FAX:088-635-9287
Eメール info@office-nishino.com
E-mail相談は24時間 TEL相談は9時~18時まで

四国地域でNo.1の起業支援(会社設立日本政策金融公庫融資)行政書士事務所を目指します!

【主要対応地域一覧】
[徳島県] 徳島市 鳴門市 小松島市 阿南市 吉野川市 阿波市 美馬市 三好市
[香川県] 高松市 丸亀市 坂出市 善通寺市 観音寺市 さぬき市 東かがわ市 三豊市
[愛媛県] 松山市 今治市 宇和島市 八幡浜市 新居浜市 西条市 大洲市 伊予市 四国中央市 西予市 東温市
[高知県] 高知市 室戸市 安芸市 南国市 土佐市、須崎市、宿毛市 土佐清水市 四万十市 香南市 香美市

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab